特徴紹介|白内障 緑内障 アレルギー性結膜炎 近視 飛蚊症|川崎駅前眼科 プラム アイ クリニック

当院の特徴紹介

診療内容

特色とする治療方法

白内障・緑内障・経過検査、お気軽にご相談ください。

目のアレルギーについて

目のアレルギーminiインフォメーション

アレルギーとは

目にみえない外敵から体を守る仕組を「免疫」と呼びますが、この「免疫」の働きが、かえって人間に害を与える場合があります。これをアレルギーと呼んでいます。

目のアレルギーの原因

目のアレルギー性の病気のなかで、最も多いのは結膜炎です。おもな原因に、花粉(スギ、イネ科植物、キク科植物)、ダニ、動物(イヌ、ネコなど)の毛、フケなどがありますが、特に花粉によるアレルギー性結膜炎(花粉症)は、約半数をしめています。

目のアレルギーの症状

アレルギー性結膜炎の人は、同時にアレルギー性鼻炎にもかかっていることが多いようです。症状は目のかゆみ、充血、めやに、涙、クシャミ、はなみず、はなづまりなどが主で、ときには咽のいたみや、咳も起こります。

アレルギー性結膜炎の治療

目薬がよく使用されますが、決められた点眼回数を守らないと、効果が十分あらわれないので、注意が必要です。また、目薬だけで効果が不十分な場合は、飲み薬を同時に使用します。

予防と注意

目のアレルギーを防ぐためには、アレルギーの原因を遠ざけることです。部屋は十分清掃し、ほこりはまめに取り除くようにしましょう。カーテン、ジュウタン、ソファーなどはいつも清潔に保ちます。寝具のカバーは頻繁に洗濯し、イヌ、ネコなど動物を室内で飼うのはさけることです。また、花粉症の人は、外出時メガネをかけたり、花粉の飛びそうな日は、外出を控えることも大切です。

花粉症のはなし

花粉症と上手につきあうためのQ&A

近年、花粉症の患者数は年々急増し、今や全国で2,000万人と推定されています。原因となる花粉としては、春先に飛ぶスギ花粉が最も多く、全体の約80%を占めているといわれています。花粉症はアレルギー疾患なので、早期に完全に治すことは難しく、日常生活に大きな支障をきたします。しかし、花粉を回避しながら薬剤を上手に用いて治療を行えば、花粉症をコントロールすることができます。

Q 1.花粉症とはどんな病気?
Q 2.花粉症はどんな症状が出るの?
Q 3.花粉症はどうして起こるの?
Q 4.花粉症の原因となる植物と、花粉が舞い飛ぶ時期は?
Q 5.花粉症の診断、検査 そして生活上の注意はどのように?
Q 6.花粉症の薬物治療はどうするの?

監修:北海道大学大学院医学研究科病態制御学専攻 感覚器病学講座眼科分野 教授 大野 重昭
(参天製薬株式会社「花粉症のはなし」より)

近視について

大切な「目」をまもるため、眼科の先生によく相談して指導してもらいましょう

近視は屈折異常の一種で、遠方から目に入ってきた光が網膜より手前で像を結び、物がぼやけて見える状態です。
近視は、眼軸長(角膜から網膜までの長さ)が正常より長すぎるか、角膜・水晶体の光の屈折力が強すぎることにより起こります。

<近視について詳しいPDFはこちら>

飛蚊症とは?

見え方に異常はありませんか?

Q.1 『飛蚊症』って知ってる?
Q.2 目の前を浮かんで飛んでいる『浮遊物』の正体を知ってる?
Q.3 飛蚊症に気がついたのは最近?
Q.4 「若さ」と「視力」に自信がある?
Q.5 飛蚊症の症状の変化に注意してる?

飛蚊症のほとんどは病気でないものですが、ときに思いがけない病気が原因となっていることがあります。症状を感じたら早めに眼科で検査を受け、医師の指示に従ってください。早期発見、早期治療があなたの目を守ります。

当院の特徴紹介

診療内容

特色とする治療方法

目のアレルギーについて

目のアレルギーminiインフォメーション

花粉症のはなし

花粉症と上手につきあうためのQ&A

近視について

大切な「目」をまもるため、眼科の先生によく相談して指導してもらいましょう

飛蚊症とは?

見え方に異常はありませんか?

このページのTOPへ